耳が生まれつき聞こえなくても稼げる初心者救済ビジネスとは

初心者救済ビジネスって知ってますか?

今本業の収入に満足していない、もっと収入を得たいという人たちがネットビジネスを始めています。

ネットビジネスの場合本業とは異なりやればやった分だけ収入を得ることができますし、働き方も自分で選ぶことができるため仕事にやりがいを持つことができます。

しかも自分でお金を稼いでいるという意識を持ちやすいためモチベーションが高い状態で仕事ができます。
そういった面もあり副業は今ブームとなっています。

今やサラリーマンの20%近くがなんかの副業を行っているというデータも存在するほどです。
しかしながら副業の定着率はさほど高くありません。その理由は継続できなかったり途中でやめてしまうからです。

なぜ、そういった現象が起こってしまうのか?

また、すぐ副業を諦めてしまう方や初心者にオススメの初心者救済ビジネスというネットビジネスがあるのでそちらについてもご紹介していきたいと思います。

初心者救済ビジネスは今までのネットビジネスと違う

副業が続かない原因は人によって様々ですが一番大きい理由は作業が苦に感じてしまうからだと私は分析しています。
例えばネットビジネスの代名詞であるクラウドソーシングは依頼を受けテキストやデザインを作成します。

それを納期までに納品して収入を得るネットビジネスです。
比較的主婦層に人気が高いです。その理由は納期さえ遵守できれば時間や場所を指定されることなく仕事ができるからです。

私の友人もクラウドソーシングをしていました。
子供がまだ小さいのでパートに出ることができず時間や場所を選ばずできる点がいいと言っていましたが現在はやっていません。

今は私と一緒に初心者救済ビジネスというネットビジネスをしています。
初心者救済ビジネスとはどんなビジネスなのかについてはもう少し後に詳しくお話しします。

なぜ友人がクラウドソーシングをやめてしまったのか詳しく聞くと収入的な面でやめたと言っていました。
クラウドソーシングの単価は低くモノによりますがテキストを書く仕事の場合一般的には400字200円ほどの単価で仕事をしているようです。

タイピングが得意で文字を打つのが苦ではないという方には向いているかもしません。

ですが私の友人の場合パソコンは人並み程度しかできませんでしたし、ブラインドタッチも出来なかったので仕事が事態が向いてなかったのかもしれません。

やめるちょっと前にはパソコンの前に座るのもおっくうになる程だったと語っていました。
そのため私もクラウドソーシングは作業時間がかかる割に稼げないという印象を持っています。

これからクラウドソーシングを始めようという方は少し考えた方がいいかもしれません。
時間や場所を選ばないネットビジネスは他にもたくさん存在します。

収入的な面で言うともっと高い収入を得ることができるネットビジネスがあります。それはFXです。
高収入を得ることができるネットビジネスの中でもトップクラスなのがこのFXです。

FXは最近テレビやニュース、CMでも耳にします外国為替通称「外為」と呼ばれるものです。
平たく言うと通貨の価値が変動した時に出る差額を使ってお金を稼ぐネットビジネスです。

円高ドル安、円安ドル高という言葉を聞いたことがあるでしょう。
FXはこうした通貨の価値が変動した時に両替をして収入を得ます。

例えば円高ドル安の時
1ドルが90円で買えるとしましょう。この時は円の価値が高くドルの価値が円よりも安い状態にあります。

つまり1ドル=90円
この状態の時900円を出して10ドル購入したとします。「この時の手数料は例題なので考えないものとします。」

その後経済状況の変化によって円安ドル高になったとします。
そうすると今まで90円で1ドルと交換できたものが100円出さないと1ドルが買えない状況になります。

つまり1ドル=100円
この状態「手数料は除く」で10ドルを日本円に交換すると単純に100円儲かりますよね。

これがFXの稼ぎ方です。通貨価値はその国の経済状況や出来事によって大きく変化します。
そのため1時間後は黒字になるけど2時間後には赤字になるといった状況もあります。

そのためトレーダーは画面に映るレートを見ながらその振れ幅や価値が上がるか下がるかを絶えずチェックしています。
個人ではなく企業でFXを行っているところもあります。

FXというとハイリスクハイリターンなネットビジネスという言い方をされますがこれにはレバレッジが関係しています。
先ほども説明した通りFXは差額を利用して収入を得ます。

しかし、先行投資型のビジネスのため投資金が少なければ利益も少なくなってしまいます。

多額の資本金を用意するのが大変なため企業で行っているところもあるのです。
しかし、レバレッジを使えばそれを解消することができます。

レバレッジはレバーつまりテコの原理で小さいの力で大きなものを動かすという言葉からくる造語で先行投資金をレバレッジで5倍6倍7倍と増やし取引をすることができます。

これによって少ない投資金でも大きな取引ができます。
プロのトレーダーはレバレッジを使って数千万円もの利益を出すことさえできます。

ただし、予想が外れた場合や損失を出した時は増やした金額分の損失が出るため大きな負債を背負ってしまうこともあります。
ハイリスクハイリターンと呼ばれる理由はここにあります。上記で紹介した副業ははっきり言って初心者には向きません。

クラウドソーシングなら最低でもブラインドタッチができるというのが最低条件になりますし、FXは安定した収入を得るために日々勉強する必要がありますし、資本金が底をつきる場合もあります。

私の友人もネットビジネス初心者だったためその辺の知識がないまま始めてしまったため長続きすることはありませんでした。
ではネット初心者にはそもそもネットビジネスは向いていないのでしょうか?

いいえ違います。初心者には初心者に会ったネットビジネスを探せばいいんです。
私をはじめ友人はネットビジネスについてほとん度知識がなく素人でした。

そんな私たちでもお金を稼げたのが初心者救済ビジネスです。ここからは初心者救済ビジネスがどのようなものなのか?
どうやってお金を稼ぐのか?初心者でも稼げる理由についてお話します。

初心者救済ビジネスの誕生秘話

初心者救済ビジネスは松阪大輔さんという方が開発したネットビジネスです。

元日本一のノウハウコレクターであった松阪さんは自信もネットビジネス初心者としてネットビジネスに関するノウハウを研究したり集めていた方でした。

松阪さんが初心者救済ビジネスを立ち上げたきっかけは友人の何気ない一言だったそうです。

自己流でノウハウを集め研究し稼げる形を作り上げた松阪さんは各地で講演やセミナーなどを開きネットビジネスで稼ぐためのポイントやコツなどを教えていました。

内容は上級者向けで今やっているネットビジネスの収入をさらに増やすために何をすればいいかを中心とした講習を行っていました。
専門用語が飛び交いネットに関する知識がなければとてもついていけない様な感じだったそうです。

当時は月に5000万以上稼ぎ出し講師としても一実業家としても順風満帆な生活を送っていましたが、講習会の依頼が殺到し各都道府県を行ったり来たりと忙しい生活を送っていました。

忙しさから来るストレスで20キロ以上も体重が増えてしまったそうです。
仕事にもやりがいを持てなくなっていたそんなある時高校時代の友人と偶然街中で再会しそのまま飲みに行くことになったそうです。

そこで昔の思い出話やお互いの近況を話し合ったりしたそうです。

話を聞くと松坂さんの友人の働いている会社の業績が悪くボーナスや収入が下がっているらしく副業を始めようと考えているとのことだったので松坂さんは自分が講師をしているネットビジネスを進めその友人の方は始めることにしたそうです。

しかし、ネットやネットビジネス、副業の類は経験がなくパソコンも会社で使っていたエクセルやワードなどの機能しか使うことができなかったため非常に苦戦したそうです。

結果友人の方はなれない作業や初心者には難しい用語などのストレスからそのネットビジネスを辞めてしまったそうです。
その時松坂さんは自分がやっていたことがいかに狭い人の役にしか経っていないかに気がついたそうです。

自分の友人が困っているのに救うこともできないのかと憤りを感じもっと多くの人の役に立ちたい、友人のような初心者でもできるビジネスの開発に乗り出しました。

自分の持っているノウハウを駆使し2年という歳月をかけ初心者救済ビジネスを開発しました。
名前の由来は先ほどもお話ししたように初心者でも稼げる!ネットビジネス初心者を救うという意思を込めて命名したそうです。

初心者救済ビジネスが持つメリットと誰でもできる秘訣

初心者救済ビジネスはネットビジネス初心者でもできるように開発された画期的なビジネスです。
ここからは初心者救済ビジネスが他のネットビジネスと比べてどのようなメリットがあるのかもう少し具体的にお話ししたいと思います。

まず、初心者救済ビジネスは誰でもできるという点です。何度も言ってクドイようですが大切なことなので何度も言います。笑
ネットを使ったビジネスにはスキルや能力が必要です。

しかし、ネットを使う仕事をしていない限り特殊な技術に触れる機会はありませんし何より苦に感じることでしょう。
しかし初心者救済ビジネスはスキル不要、資格はもちろんパソコンを操るテクニックも必要ありません。

あまりにもシンプルな仕組みのため情報漏洩が起こると誰でもできてしまうため詳しい内容は控えさせていただきますが、簡単に言うとお金を稼ぐ仕組みを作りあげ何もしなくても継続的な収入を得ることができるというものです。

ベストなサイドビジネスとは簡単で継続的に稼げるものだと松坂さんはおっしゃっていました。私もそう思います。
本業のタスクは時期や階級によって異なるし、突然仕事が増えた!ということは日常茶飯事です。

初心者救済ビジネスのように誰でも簡単にできるものでなければ継続は難しいでしょう。
今はスマホでできるスマホ副業というものも登場していますが、収入が少ないか継続した収入を得ることは難しいでしょう。

しかも自転車操業になるのでずっとやり続けなくてはいけません。
その点初心者救済ビジネスなら自動化が可能なため継続的な収入と安定した利益が見込めます。

初期投資も一般的なネットビジネスに比べると割安ですし、リスクもありません。
私ももっと早く知りたかったと思っています。笑

初心者救済ビジネスのメリットはまだまだあります。誰にでもできるということは年齢や性別に関係がないということです。
ネットビジネスは比較的若い層に人気が高いです。年配の方も行っている人はいますが圧倒的に若者が多いです。

年配の方々に受け入れられない理由の一つが作業の複雑化です。

ネットを利用するためどうしても知識が必要になります。それと共に慣れが必要です。

年配の方はどうしてもネットに対する慣れがないため受け入れられないというのが私の見解です。
一方の初心者救済ビジネスなら難しい手順は一切ありません。

ネット関係に疎い私の母も初心者救済ビジネスを行っていますが何の問題もなく出来ていました。
母は専業主婦をしていましたがネットはおろかSNSやLINEさえもやっていない超ネットビジネス初心者でした。

基本的に連絡はメールでよこすほどネットに対して無頓着な人でしたがそんな母でも初心者救済ビジネスで月収20万円も稼いでいます。
パソコンの電源のつけ方や基本的な動作に関しては教えましたがその他は自分で出来ていました。

母ははっきり言ってネットビジネスには向かないタイプの人でした。

初心者救済ビジネスを教えた時も「えぇ〜、私はいいよ。難しそうだし・・・。」
と言っていましたがものわかりはいい方なので少し教えるとすぐに慣れていました。笑

システムの構築後すぐに収入を得ることができたので喜んでいました。今では近所のお友達にも教えてあげて指導をしているほどです。笑
お金を稼ぐためには収入を得るためのシステム作りをするのが一番効率的です。

多くの実余業家もそうしてお金を稼いでいます。そうしないと年を取ってからの肉体労働はキツイですからね。
若いうちはガンガン働けても年を取ってくるとそうはいきません。体のあちこちにガタがきますし、肉体的にも無理があります。

初心者救済ビジネスは年齢が高くなっても続けることができます。年金もいつもらえなくなるかわかりません。
日本は医療の発達により長寿国と呼ばれています。定年が60から65に引き上げられしまいには70、80に定年が伸びるかもしれません。

そうなればいつまでも働かなくてなりません。お年寄りが元気な事はとてもいいことだと思いますがそういったの問題も発生してきます。
国は年金を払うと公言していますが現在のまま行けば確実に払った金額以下の年金しかもらえないでしょう。

そうなってからでは遅いんです。今のうちから自分で収入を取るための手段を身につけておく必要があります。
それには初心者救済ビジネスがベストだと私は感じています。

初心者救済ビジネスと私の出会い

私自身もそれを痛感しました。
私は生まれつき耳が聞こえない20代の女性です。幼少のころから耳が聞こえないこともありいじめられていました。

そのため引きこもりがちで友人も少なかったです。読み書きとパソコンが少し使えるのでネット関係の会社に就職することができました。
小さな会社でしたが障害者雇用制度を取り入れたばかりの企業で私はその第1期生として入社しました。

6年間ほど働きましたが会社に上手くなじむことができなかった事に加えセクハラを受け耐えきれなくなり一昨年退社しました。
軽い鬱状態にもなり1年ほどは自宅で療養していましたが収入はゼロだったので自宅でもできるネット関係の仕事がないか探していました。

前の会社ではシステムを作るプログラミングの仕事をしていたのでネットに関する知識は人よりもある方でした。
ネットビジネスに関する情報を色々調べ、人と直接的に会うことのないクラウドソーシングの仕事を始めました。

しかし、そう簡単にはいきませんでした。
慣れない仕事ということもあり収入は激減しました。

幸い実家暮らしだったのでしのぐことはできますがいつまでも実家にいるわけにはいきません。

何かもっと稼げる仕事はないかと探していた時に専門時代の知人が初心者救済ビジネスの生みの親である松阪大輔さんという方を紹介してくれました。

私は耳が聞こえないため松阪さんとは筆談で話しましたがとてもいい方で私が困っていることを理解してくれ初心者救済ビジネスを教えてくれました。

パソコンの知識はあったもののネットビジネスに関して初心者であった私はことあるごとにわからないことや不安なことをメールしました。

すると親切に丁寧に教えてくださいました。時には時間を作ってもらい直接相談したり教えてもらいました。

前の会社のこともあり軽い人間不信に陥っていた私でしたが松阪さんと筆談を重ねていくうちにそれも治り今では他の人とも普通に筆談での会話を楽しむことができるようになりました。

初めてから2週間ほどで収入を得ることができたのでモチベーションも高いまま出来ました。
現在は状況もすっかり良くなりフリーランスという形で仕事を受けてつつ初心者救済ビジネスによる収入で安定した生活を送れています。

人生を変えた初心者救済ビジネス

初心者救済ビジネスを出会う前の私はこのままフリーターになっていしまうのかと絶望的でしたが松阪さんの初心者救済ビジネスを始めてから精神的にも金銭的にも安定した生活を送ることができ本当に感謝しています。

私のように会社を自分の意思で辞めてしまう方以外にもクビになったり、リストラされてしまう方もいらっしゃるでしょう。
今の世の中は不安定でいつ会社が潰れてもおかしくありません。私の友人にも会社の倒産によって仕事を失ってしまった人がいました。

その友人にも初心者救済ビジネスを教えてあげ今では転職先でも初心者救済ビジネスを続け前の会社よりも収入が上がり喜んでいました。
松阪さんには今でも定期的にお会いしますがネットが発達し働き方や収入の取り方は変化しているとおっしゃっていました。

その中で自分の開発した初心者救済ビジネスは最も現実的で理想的な収入の取り方だと思っている。
過去に私は自分だけ稼げてれば良い!自分の利益だけを優先していたが困っている友人も救うことができなかったという一件で目が覚めた。

本当に困っている人を助けることができないビジネスは良いビジネスではないと思っている。
初心者救済ビジネスを通してもっとたくさんの方を救いたいと松阪さんはおっしゃっていました。

私はこんなに素晴らしい考えを持っている人を始めて見ました。今回このような記事を書いたのは松阪さんはのまねごとですが、多くの方にネットビジネスや今の状況を分かっていただくためです。

これからも様々な個人で情報を発信していきたいと思います。

ネット社会だからこそ初心者救済ビジネスが必要

ネットが発達しネットビジネスもたくさん登場しましたが中には詐欺まがいなものもあり注意が必要です。
私は実際に初心者救済ビジネスを行っていますが決して詐欺ではありません。

しっかりと収入を得ることができ安定した収入を手に入れることができます。
今の収入に満足していないという方は初心者救済ビジネスがオススメです。

ネットビジネスに関する知識がなくても、初心者でも初心者救済ビジネスはできます。
不安定な今だからこそ自分で収入を得るために何か始める必要があります。私自身もそれを強く痛感しています。

初心者救済ビジネスで新しい生活、理想とする生活を手に入れませんか?そのチャンスは初心者救済ビジネスの中にあります。