「 2016年03月 」一覧

現代社会において家でできる仕事は増えてきました

現代社会においてはパソコンや携帯電話の普及により家でできる仕事というのは格段に増えたということが言えます。一昔前は家でできる仕事というのは非常に限られていました。内職などがその限られた仕事ということが出来ますが、その内職ですらある程度のスペースを必要としたり、会社の近くに住んでいる人といった条件がありなかなか見つけることが困難だったのです。また上手く仕事を見つけることが出来てもその単価は低いのが相場で毎日せっせと仕事をしても月に2万円から3万円くらいが相場でした。

しかし今はインターネットを活用して様々な家でできる仕事が存在します。代表的なのがアフリエイトやブログライターなどですし、さらにもっと手軽にお小遣い稼ぎが出来るアンケートサイトやポイントサイトが存在します。

その他にもオークションやサイトで自分が作った商品を売るといったショップの運営も出来るようになりました。あとプログラミングやパソコンを使って出来る仕事に関しては通勤しなくても在宅での勤務も可能になったのです。

他にも家でできる仕事としては株のトレードやFX、投資信託といった資産運用を挙げることが出来ます。今はネット証券を活用して自宅に居ながら全ての手続きを完結することが出来ますし、人によっては自宅での資産運用を本業として生活している人も存在します。プロの投資家なら生活費を稼ぐことは不可能ではなく元々証券会社などで勤務していた人が会社を辞めて独自にお金を稼ぐようになったという人も少なくないみたいです。

基本的にインターネットを活用した仕事の大半は安定した収入に結びつくモノは少ないと言えます。ですが在宅で出来るというのは大きなメリットとなるのです。ストレス社会と言われる現代社会においては会社勤めや人間関係に疲れてしまったという人も多く、またブラック企業に勤めたせいで身も心もボロボロという人もいます。そんな人には自分のペースで出来る家で出来る仕事というのは非常にオススメだと言えます。


高収入の副業で、さらに初心者向けなもの

高収入の副業は数多くありますが、初心者向けのものとなるとかなり限られてきます。高収入なものはほとんどが専門的なものが多く、初心者には難しいからです。元々専門の仕事をしていて、副業としては初心者という人なら別ですが、ほとんどの初心者は高収入の副業というものをそう簡単には見つけられないと思います。

そこで私が見つけた初心者でも出来る高収入の副業を二つ紹介します。まずはコピーライターです。コピーライターは資格が要りません。自分でコピーライターだと名乗った時点でコピーライターです。そういった敷居の低さが初心者向きです。通常は仕事を取るのが大変な職業ではありますが、最近ではネットで簡単にコンペに参加できたりするサイトがあります。そこに登録して商品などのキャッチフレーズを考えるだけです。サイトや依頼主にもよりますが、私が見たところ一件で一万円から三万円くらいまでありました。非常に高額ですよね。ですがほとんどがコンペ形式での応募です。多くの時間を使っても落選すれば一円にもならないのがデメリットでしょうか。ですがセンス次第で初心者でも大金を稼ぐ事が可能な職業です。

次に紹介するのは写真家です。ネットを検索すると案外多くの写真販売サイトがあって驚くと思います。インターネットが普及した今、どこの企業も個人店もホームページを持っています。そういった人たちや、出版物を扱っているところがこういったサイトで写真を買ったりします。一般的には写真家は難しい職業ですが、こういったサイトでは芸術写真は必要ありません。いかに実用的な写真か、それだけです。ですので初心者でも参入する事が可能です。ただ、最低画素数が決まっているサイトが多いので、ある程度の画素数のカメラは必要になります。最近のデジカメなら大丈夫でしょうが、スマホのカメラはNGなところがおおいので注意して下さい。こういったサイトでは写真一枚数百円から数千円で販売しています。値段は自分で付けられます。使える写真が撮れれば簡単に高収入を得る事も可能です。

どちらも初心者でも簡単に挑戦出来ますので、興味があったらぜひやってみて下さい。


サラリーマンはWEBライターの副業をしましょう

現在サラリーマンの平均年収は全体的に下がってきている状況です。そのため本業以外の収入源を確保して自分の収入をアップさせることを考えなければいけません。そのためにはいろいろな方法で副業をする必要があります。

そして現在サラリーマンの副業もいろいろな方法ですることができるので、一昔前よりも効率的にお金を稼ぐことができるようになっています。その理由としてサラリーマンの働く企業側もサラリーマンの副業を認めるところが多くなっていることと、インターネットを利用してお金を稼ぐことができる環境になったことがあげられます。そのため今後サラリーマンは副業をすることが当たり前の時代に突入していくことになるでしょう。

そこでサラリーマンの副業にはいろいろな職種がありますが、その中でもWEBライターの副業をしてみるといいでしょう。WEBライターとはインターネット上に表示することになるブログやホームページに載せる記事を本人に代わって執筆する仕事です。現在WEBライターの仕事はネット上でいろいろな企業が募集しているので仕事を見つけやすいです。またここ最近急速に名前が浸透してきたクラウドソーシングを利用してWEBライターの仕事を見つけることも可能となっています。

そしてなぜサラリーマンの副業としてWEBライターをしてみるのがいいのかというといくつか理由があります。まず自分の好きな時間にいつでも仕事をすることができるからです。WEBライターの仕事はサイト内で自由に仕事を選ぶことができるようになっているので、インターネットを利用できる環境にあればいつでもすることができるので、副業をするにはかなり効率がいいです。

それから文章を書き続けることによって、自分の文章作成能力がどんどん上がります。これによってWEBライターの仕事で得ることのできる収入を上げることができるのはもちろんのこと、本業の仕事をする中でもいろいろ役に立ったり、評価をあげたりすることもでき、相乗効果が発揮されます。

このようなことからサラリーマンは是非WEBライターの副業に挑戦してみましょう。


女性向け副業として雑貨屋さんを開くのならネットショップがいい

女性向け副業といえば、やっぱり雑貨屋さんですよね。女性はかわいい雑貨が大好き。好きこそものの上手なれというわけで、女性向け副業と聞いて真っ先に思い浮かぶのは雑貨屋さんなのです。

もっとも、雑貨屋がいくら女性向け副業だからといっても、雑貨屋さんを開くのはそうそう簡単なことではありません。なんであれ自分のお店を持つというのは大変なことなのです。とりわけ私のように東京住まいの人間にとっては、ショップのための部屋を見つけてくるだけでも一苦労です。月々の賃貸料が高くては一体どれだけの売上をあげれば利益が出るものやら…。かといって、土地代の安い場所に店舗を建てても、今度は集客力の面で不安があります。女性向け副業としての雑貨屋を開くことはとても困難なことなのです。

しかし、以上のような悩みは今や旧時代的なもの。だって現在はネットの時代。何も実店舗をもたなくても、ネット空間に仮想店舗を設ければよいのです。ネットショップとして雑貨屋を開くのなら、お店のために土地や部屋を借りる必要はありません。例えば楽天やアマゾンに仮想店舗を開けばいいだけなのですから。実際、私もそうしています。雑貨屋を開きたいと思ったものの賃料が重くのしかかっていた私にとって、ネットショップはまさにうってつけ。仕入れた商品は自宅の一角にまとめておいて、注文が入ったら郵送します。そんなふうな雑貨屋さんなら誰でも気楽に始めることができるのではないでしょうか?もしも女性向け副業として雑貨屋さんを開きたいと考えている女性がいたら、まずはネットショップを開いてみることをおすすめします。

もしもネットショップに飽きたらず実店舗を開きたいと考えるようになれば、そのときは実店舗を持てばいいのです。しかし、いきなり実店舗から始めることはそれなりのリスクが伴うことは覚悟しておかなければなりません。ネットショップならば必要なのは仕入れにかかるお金だけなのですから、リスクは軽減。毎月借入金が積もっていくなんてことはありません。気が向いたときに商いを始め、気が向いたときに終わらせることができます。ネット時代にふさわしい商売形態だと思います。


時間と給料の両面を鑑みながらお金を稼ぐ方法

お金を稼ぐ方法の基本は稼働時間を増やしたり、出来るだけ1時間に貰える給料の高い仕事を行う事です。私は本業を行っている時は出来るだけ残業を発生させない事が基本で、早く帰宅する事を心掛けてネット副業の時間に割り当てています。最近は記事作成ばかりに手掛けないで、友人の仕事の手伝いなどで高額の謝礼金を頂く事もあります。友人や知人が高額な副業をしていれば、紹介によって仕事を請け負う事も良いです。

副業が初めての人は慣れる為に時給がそれほど高くない業務に就いても構わないが、仕事の行い方に慣れてくると難しい業務に挑戦する事も大切です。1時間当たりに稼いでいる単価を気にしながら、無駄と思える時間を出来るだけ多く排除して、高単価の業務に長く就く事がお金を稼ぐ方法の基本です。特定の仕事に関して経験が豊富であったり、資格を持っている場合は持っている経験や資格に則した仕事を優先的に選んで、資格を生かして効率よく活かしながら業務を行うとお金を稼ぎやすいです。

女性の場合は、体の負担で本業に差し支えないように夕方から深夜に営業している飲み屋で働く事がお勧めです。夕方から深夜で営業している飲み屋のクラブなどで、都合の良い時間で働く事を責任者と相談して、時給2千円を超える店舗で時間を上手に使いながら働く事が良いです。20日の稼動を前提として、数時間でも高額のクラブなどで働ければ軽々と月に10万円を超える報酬を得られます。

最近は楽にお金を稼ぐ方法として、治験のモニターに参加する方法があります。治験のアルバイトは日額に換算すると、体力や筋力を使わないでも、日給に換算すれば少なくとも2万円前後の給料を確保しやすいです。基本的には求人誌に治験に関する募集を載せていない傾向なので、インターネットか知人の紹介でモニターに参加する事をお勧めします。仕事を行う歳、1日単位の単発で仕事が終わらない事に注意をします。

地道に自宅でお金を稼ぐ方法としては、自宅でインターネットを使いながらクラウドソーシングのサイトで記事を多く投稿する事です。ライティングの作業は慣れてくると時給に換算すれば800円を超える事も多くて、専門の分野に関わるライティングの場合は1時間当たり千円の報酬を越える事も多いです。

翻訳など技術を要する資格を持っていれば、少なくとも4千円の時給が確保できる翻訳の業務を空き時間に行います。

高額の業務を優先的に行うばかりではなくて、興味がある事を前提として、早く済ませられる作業を探す事が大切です。お金を稼ぐ方法は多岐にわたります。自分に合った無理のない方法でお金を稼ぐことが大切になってきます。


主婦の副業として個人的におすすめなもの

主婦の副業として向いているのは、家で出来る仕事、作業を中断出来る出来る仕事、多くのスペースを必要としない仕事です。

日中会社で働いていて、夜も他の場所で働くとなると大変です。ですので家で出来る仕事というのはとても重要です。そして、作業を中断出来るというのは、細々といろいろな家事がある主婦にはとても大切な事です。一度作業が始まったら終わるまで中断出来ないなんて仕事は主婦の副業としてはまったく向いていません。そして多くのスペースを必要としない、これも重要です。スペース確保の為に掃除をしたり余計な作業を増やすのは好ましくありませんし、家族からの文句も出たりしますので出来るだけ小スペースで、それが基本だと思います。

そうなってくると主婦の副業として出来る事は限られてくるのではないかと思われるでしょうが、近頃はパソコンで出来る仕事が多いので主婦の副業もかなりの種類あります。中でもデータ入力などはパソコン一台あればどこでも出来て、一案件辺り短時間で終わらせる事が出来、仕事量も自分で調整出来ておすすめです。ブラインドタッチなどが出来ないと作業効率は低くなりますが、慣れてくればある程度のスピードで作業する事が出来るようになりますので頑張り次第ではそこそこ稼ぐ事も可能になります。

他にも文章作成なんて仕事もあります。誰かの代わりに文章を作成する仕事ですが、これも簡単に出来ておすすめの仕事です。ビジネス系の文章が多かったりしますが、中にはラブレター的なものもあったりと案外楽しみながら出来る仕事です。一件当たり数十円から数百円と文章を作るのが得意な人なら一時間辺りそこそこ稼げるので人気の高い職業です。どのくらいの作業をするのか自分で決めて出来ますし、得意な人なら数分で終わってしまうので忙しい人にもピッタリです。

他にもまだまだありますが、どれも難しそうでやってみると案外簡単だというものが多いです。ですので、とりあえずやってみると良いと思います。本当に難しいものはちゃんと教育がありますので安心して応募してみると良いと思います。