「 在宅ワーク紹介 」一覧

クリエイター向きの不労所得の作り方!!

何もせずにお金が入ってくるのを待って過ごすだけという不労所得は、インターネット時代だから誰でも可能になった理想的な稼ぎ方です。パソコンとインターネット環境さえあれば、不労所得を得る方法はいくらでもあります。その中でも芸術センスを活かしたい人におすすめの不労所得の作り方を紹介します。

・イラストを販売して不労所得を得る
絵を描くのが好きだったり得意だったりする人は、イラストレーターを目指しましょう。プロじゃなくてもイラストでの収入を得られる時代になりました。
いま注目をあつめているのはラインスタンプです。全世界に5億人を超えるユーザーを有している、かなり大きなイラスト市場です。小さなイラストを40点とタイトル画像2点の1セットを描いて、ラインスタンプの事務所に提出します。クオリティが認められると、ラインスタンプをダウンロード販売することができます。

2015年を境にしてラインスタンプの1セットが100円から120円に値上げされました。1回ダウンロードされれば製作者には50%の売り上げが入ります。100回ダウンロードされれば6000円ということになります。ラインスタンプの上位10作品は年間1億円もの売り上げを誇っています。

ただ近年はラインスタンプの数が急激に増えたことがあり、無名の新人が参入するにはハードルが高くなります。売れ行きが良いのは全体の1%程度になりますが、クオリティの高いスタンプを描く事のできる人にとっては、まだまだ有望な不労所得の作り方になります。

このほかイラスト1点から描いて、ダウンロードされると収入になるイラストサイト「イラストAC」など多くの類似サイトもあります。
登録してイラストをいっぱい描いて稼ぐ、不労所得の作り方を試してみませんか。

・電子書籍を書いて不労所得を得る
電子書籍もチャンスのある不労所得の作り方になります。電子書籍を書くには、ワードなどのソフト、そして本のアイデアさえあれば大丈夫です。ホラー小説、写真集、料理の本でも、なんでも好きな題材で書いてみましょう。本の内容はしっかりと書く必要がありますし、内容を充実させるための努力も惜しむことはできません。

プロの本ではないので知名度が低く、1000円を超える高額に設定しても売れにくい状況となります。電子書籍の価格は低めに設定することをおすすめします。手を出しやすい100円の本をいくつも発表している人は大勢います。内容もそうですが目につく表紙にすることは大切です。本の表紙や中身には、ちょっとしたイラスト、写真などを用いてもいいでしょう。


現代社会において家でできる仕事は増えてきました

現代社会においてはパソコンや携帯電話の普及により家でできる仕事というのは格段に増えたということが言えます。一昔前は家でできる仕事というのは非常に限られていました。内職などがその限られた仕事ということが出来ますが、その内職ですらある程度のスペースを必要としたり、会社の近くに住んでいる人といった条件がありなかなか見つけることが困難だったのです。また上手く仕事を見つけることが出来てもその単価は低いのが相場で毎日せっせと仕事をしても月に2万円から3万円くらいが相場でした。

しかし今はインターネットを活用して様々な家でできる仕事が存在します。代表的なのがアフリエイトやブログライターなどですし、さらにもっと手軽にお小遣い稼ぎが出来るアンケートサイトやポイントサイトが存在します。

その他にもオークションやサイトで自分が作った商品を売るといったショップの運営も出来るようになりました。あとプログラミングやパソコンを使って出来る仕事に関しては通勤しなくても在宅での勤務も可能になったのです。

他にも家でできる仕事としては株のトレードやFX、投資信託といった資産運用を挙げることが出来ます。今はネット証券を活用して自宅に居ながら全ての手続きを完結することが出来ますし、人によっては自宅での資産運用を本業として生活している人も存在します。プロの投資家なら生活費を稼ぐことは不可能ではなく元々証券会社などで勤務していた人が会社を辞めて独自にお金を稼ぐようになったという人も少なくないみたいです。

基本的にインターネットを活用した仕事の大半は安定した収入に結びつくモノは少ないと言えます。ですが在宅で出来るというのは大きなメリットとなるのです。ストレス社会と言われる現代社会においては会社勤めや人間関係に疲れてしまったという人も多く、またブラック企業に勤めたせいで身も心もボロボロという人もいます。そんな人には自分のペースで出来る家で出来る仕事というのは非常にオススメだと言えます。


ただネットを楽しむだけでなく在宅ワークもしよう

ネットで知り合った人は結構なにかしらの副業をしているようで、私もその人たちの話を聞いているうちに自分でもやってみたくなって、パソコンを使った在宅ワークに興味を持ちました。個人がネットを使った仕事というと私がよく見ている動画サイトで商品レビューをしている人くらいしか思いつかなかったのですが、もっと敷居が低くて私にもできそうなものが見つかったので今はそれをしています。それは何かといえばなんの変哲もないアフィリエイトのブログだけれど、マイナーなテーマだけを取り上げて更新しているのでわりと人も来ますしやる気を維持できているのです。

きっかけは毎日巡回している海外の小規模なコミュニティサイトで起きたことを日本語に翻訳して紹介するブログでした。いわゆる海外の反応というカテゴリで、カルチャーギャップの違いが面白くいつも楽しみにしているから私もこんな感じのものを作りたいと思ったのです。英語の成績はそこそこ良かったから時間はかかっても翻訳には困らなかったものの、あとは人がたくさん来てくれてアフィリエイト収入が見込めるブログのテーマを決めるだけでした。そこで私が選択したテーマは海外の金融系情報のコミュニティやツイッターを日本語にして紹介するという、人気どころとは別のところをチョイスして今に至っています。

やっぱり今から始めて人気カテゴリで勝負しても人がうちに流れてこないでしょうし、それと金融系のアフィリエイトは一件の成立報酬がとても高額だったからです。もちろん私が投資にはまっているという趣味もあるので、在宅ワークをしながらも欲しい情報が手に入って時間を無駄にせずにすんでいます。始めてみると証券会社の広告よりもクレジットカードの広告へのクリックが多く、成立数もほかより格段に上だったのが意外でした。もう金融取引を始めている人向けの情報を発信しているからなのでしょうか。おかげでターゲットがわかって表示する広告もそれに合わせる様にしたから、近頃は収入も増えてきて在宅ワークとして何年も続けていけそうです。


昔とは様変わりしたお小遣いサイトで副業生活

お小遣いサイトと言えばチマチマサイトをクリックしたり、アンケートに応えたりなど仕事という雰囲気ではなく、収入も月に千円程度と本当にお小遣い程度のものでした。しかし、最近ではこうしたネットのお小遣いサイトも様変わりして、今ではまとまった時間を取れれば月に数万円をゲットすることも難しくなくなっています。

そうした最近の事情をを代表するキーワードとしてはクラウドソーシングというものがあります。これは企業や個人が仕事を外注するというものですが、主婦やサラリーマンなど誰でもこうした仕事を受けることが出来ます。仕事の種類は豊富で高度なスキルが必要なサイト構築からチラシやサイトのデザイン、また初心者の方でも出来るデータ入力など幅広いスキルに対応しています。こうしたサイトでは従来のお小遣いサイトとは違い十分仕事として成立する報酬を受け取ることが出来ます。それらはスキルが高度なほどより高い報酬を受け取れるチャンスも増えますが、子育て中で仕事を一時的に休んでいる方など多くの方にとってチャンスとなっています。

また普通の主婦の方でもそのスキルや体験が求められています。こうしたクラウドソーシング系のお小遣いサイトでは簡単なライター業務もよく募集されています。ライターと言っても高度な知識やボキャブラリーが必要になる訳ではなく、日常の一コマを日記にしたり、普段愛用している化粧品について書いたりするなど、普段のSNSやブログの延長線上で十分報酬を受けることが出来ます。もちろん月に数万円程度稼ごうと思えばしっかりと腰を据えてパソコンの前で作業を行う必要がありますが、子育てや家事の合間などに十分作業することは可能です。

このようにこれまで数百円や数千円といった非効率的だったお小遣いサイトが、今では立派な副業として成立するほどになりました。ぜひ今後仕事復帰を考えている方も、社会復帰の準備としてもこれらクラウドソーシング型の仕事を活用して下さい。