本業に影響を与えないサラリーマンの副業

日本のサラリーマン事情も変わってきていて、企業によっては本業に影響を与えなければ副業を認めるというパターンも増えつつあります。とはいえ、この本業に影響をあたえないというところがポイントです。どうしても時間や体力に制限が出てくるものです。そこでこうしたサラリーマンに紹介したいサラリーマンの副業パターンをいくつかご紹介します。なんといっても、サラリーマンの副業でポイントになるのは副業に使える時間です。しかし、そこはサラリーマンは自営業と異なり、定休日が設定されていることが多いものです。

例えば、週末が休みというサラリーマンであれば、派遣会社に登録しておいて、週末だけ働くということが可能です。もちろん、オフィスワークという条件で探すことは難しいかもしれません。しかし、イベントスタッフ、飲食店の整列フォロー、大規模会場のイベントスタッフといった週末ならではの単発の派遣契約もそれなりに多くあります。特にゴールデンウィークやお盆休み、お正月とふつうのサラリーマンがまとまったお休みに入っているのであれば、その時期にあわせて仕事を請け負うことはかなり容易です。さらに収入もかなり多いのが特徴です。また、体力に自信があるということであれば、工事現場での作業員や引っ越し屋さんという力仕事も週末にお勧めできます。これらのお仕事は副業としてなんといってもメリットが大きいのが給与支払いが日払いの場合が多いということです。月ぎめではお小遣いが厳しいという方にも非常にありがたいことではないでしょうか。

しかし、こうした力仕事で気をつけねばならないことはけがでしょう。何しろ、本業に影響を与えない副業が何といってもサラリーマンの副業を行う際の最低条件となってくるからです。ここを守りさえすれば、週末であれ、平日であれ、いろいろなルートを通じて仕事をさがしていけるというのが今の労働市場環境になっていると考えて間違いありません。