お金がないときは借りるというのもひとつの選択肢

どうしてもまとまった額のお金が必要になったとき、みなさんならどうするでしょうか。もちろん仕事をしてコツコツ貯めることが普通だとは思いますが、お金が必要になるまでの期限が迫っていた場合は、残念ながらその方法は選ぶことができません。では、期限が迫っているのにお金がないときはどうすればよいのでしょうか。

選択肢のひとつとして、お金を借りるという方法があります。お金を借りることに対して大きな抵抗感を持つ方もいらっしゃいますが、その行為自体は決して悪いことではありません。たとえば大きな企業でも、銀行などからお金を借りています。ですから、お金を借りるという選択肢を最初から除外する必要などないのです。

お金がないときに借りるのは、基本的に悪いことではないとわかっていただけたと思います。ただし、どのような状況でも借りてしまえばよいと言っているのではありません。たとえば、毎日の生活費に充てるためにお金を借りて、返すアテは全くないというような状況では、決して借りてはいけないのです。逆に言えば、たとえば事業を起こす予定だけどお金が足りない場合など、将来返済の見込みがある場合なら、怖がらずに借りるという選択も可能になります。自分が置かれている状況を冷静に判断し、さまざまな可能性を模索することが大切になるのです。

お金がないとき、人はどうしても余裕がなくなるものです。普段であれば冷静に判断できることでも、気が動転して誤った判断を下してしまうこともあります。ですから最も重要なのは、普段からお金としっかり向き合っておくということなのです。いざとなってから慌てるのではなく、まずは慌てなくてもよい状況が作れるよう心がけてください。本業だけではなかなかお金が貯まらないという方でも、現在は多種多様な副業で稼ぐこともできます。まずはコツコツとお金を貯めて、それでも足りずにまとまった額のお金が必要になったときは、借りることを視野に入れてみるのもよいのではないでしょうか。