お金持ちになる稼ぎ方は一つではない

普通の人間が、お金持ちになるにはどうすればいいか、そのための稼ぎ方はあるのか誰しも気にするところです。ちなみに、お金持ちになるにはどうすればいいか、はONDIと略し、稼ぎ方はKKと略すという説は嘘なので無視しましょう。金持ちになるには30の習慣が役に立つという説もあります、そちらは無視せず研究してもいいかもしれません。稼ぎ方には27種類あるという話もありますが、これはよく分かりませんので無視するか研究する価値があると考えるかは個々人にまかせます。家族に聞いてみてもいいかもしれません。お金持ちになるには真似をしてはいけない習慣というのもあって、他にお金持ちになるには必要なインド人の24の秘密というのもあるようですから色々あるんです。

稼ぎ方でも楽をして行いたいのと、それなりに頑張ってもいいと思う場合では違うでしょう。お金持ちになるには一生懸命やれると思う人と、簡単にやりたい人では稼ぎ方にも違いが出るということです。

人を笑わせるということは、 お金持ちになるには大事かもしれません。売れているお笑い芸人の稼ぎ方がこれです。一方で人を泣かせてお金持ちになるにはどうするか、というのもあります。これは一見悪徳商法かと思われるかもしれませんが、シリアスな小説やドラマのライターや、映画俳優は人を泣かせるのが稼ぎ方につながっているとも言えます。結局、お金持ちになるには笑わせても泣かせてもいいわけで、それが結果として稼ぎ方になっていればいいのです。

お金持ちになるにはどうすればいいのか、例えば待ち合わせには人より早く行く方がいいのか、待たせる方がいいのか、そういうことを考えても稼ぎ方に関係ないと思うかもしれませんが、それだって説得力のある本にしてしまって売れれば一つの稼ぎ方と言えるわけですから、お金持ちになるには何をすべきかという問題は、けっこう色々な解が考えられる問題と見なしても、それほど間違いとは言えないのではないでしょうか。