私のお金に対する考え方の変化について

働けど給料は上がらず、ボーナスも増えずますます生活が苦しくなってきている中、最近書店や新聞広告などでお金持ちになる方法を謳ったものが出ていますが、これらを一度試しに読んだことがありますが大事なリスク部分があまり詳しく説明していなかったこともあり、自分には向かないと思い暫く距離を置いていました。ですが、ある程度貯金が貯まってくると使い道が無いので、何らかの形で増やせないだろうか、これらを使ってお金持ちになる方法は無いのだろうかとまた考えるようになりました。商品先物、株取引やFXなどにも手を出しましたが、自分には合わなかったのか15万円近くの損失を出してしまいその時はもう何もする気力すら沸きませんでした。結局私には、お金持ちになる方法なんてないと思って倹約することにしました。

リスクの高い商品に手を出して以降、その後はギャンブル性のあるものには一切手を出さずに見向きもしなくなりました。最初のうちは、今やっておけばまだ損失を取り戻すことが出来ると悪魔の囁きがありましたが、損失を被ったショックが大きくて怖くなり結局手を出さずに済みました。そういった日々が続き、しばらく倹約することに買いたいものがあるのに買えないとイライラしやすくなってきましたが、しばらくすると倹約生活にも慣れだしてきました。今では、どうすれば出費を抑えることが出来るだろうかと考えることが楽しくなりだしました。

例えば、使わない電化製品のコードは抜いておくとか、お風呂の残り湯を洗濯に使うとか、食器はまとめて洗って水道代を節約するなどの誰でも出来ることで倹約をすることで余計な出費を抑えることが出来ています。最初は、何らかのリスクを取ってでも資産を増やそうと夢見ていましたが、自分には向いてないなと勉強になって今では無駄な出費を抑えて貯金をすることが少しずつではありますが、資産を増やすことのできるまたリスクのないお金持ちになる方法であると私は考えます。結局は、簡単にはお金持ちになる方法は無いのだなとも考えています。